10月末発売予定。


  

松永美穂 (翻訳)

1958年、愛知県生まれ。早稲田大学文学学術院教授。専門はドイツ語圏の現代文学・翻訳論・ジェンダー論。著書に『誤解でございます』(清流出版)、訳書に『朗読者』(新潮社)、『三十歳』(岩波書店)、『夜の語り部』『ヨハンナの電車のたび』(以上、西村書店)などがある。



出版社

西村書店



2003年に金沢の海岸で日本語教室のためにこの 小論を書きました。いま日本で『ナミコとささやき声』は本当になります:もうすぐ発売です。